食育基本法では次のように述べられています。

「子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要である。
 今、改めて、食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている。
 もとより、食育はあらゆる世代の国民に必要なものであるが、子どもたちに対する食育は、心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたって健全な心と身体を培い豊かな人間性をはぐくんでいく基礎となるものである。」


フレンド幼稚園でも、まさに食育基本法の理念と同じく、食育は大切だと考えています。人は食べることで成長し、日々の生活をおくることができます。だから、食べること、食育とそれにつながることは大切なことだと考えています。
日ごろ口にしているものは、お野菜やお米は大地から作られます。お魚やエビなどは海から捕れます。私たちが口にするものは、すべて大地の恵みなのです。このことは頭で理解していても実感はしにくいものです。

フレンド幼稚園には、園のとなりに「フレンドファーム(学習農園)」があります。保育室では体験できない、さつまいも・じゃがいも・大根の収穫や田植え・れんげ摘みなど、自然に触れ合うことにより、新しい発見や創造の喜びを体験できるよう配慮した保育環境があります。
キュウリやトマトが苦手だった子も自分で収穫したものは大好きになります。土に触れ、泥んこになりながら稲を植え、うんこらどっこいしょと大根をひき抜く・・・体感する食育に力を入れています。
  • フレンドファーム

     

  • フレンドファーム

     

毎週1日は家庭弁当の日です。基本的に月曜日が家庭弁当の日になっています。
月曜日以外の、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日は、給食になります。
給食は、学校給食栄養基準に準じたエネルギー、脂質、たんぱく質などのバランスの取れた食事となっています。
また、アレルギー体質のお子さまのため、たまご、牛乳、乳製品、そば、ピーナッツ、鶏肉など、お子さまのアレルギーにあったアレルギー食を作ることも可能です。事前にご相談ください。
  • 給食

     

  • 給食